買取相場はどのくらい?

一般的な着物の相場買取

着物にはさまざまな種類があり、それによって買取相場も違いが出てきます。

訪問着のような格の高い物であれば高価買取も期待ができますが、綿素材の浴衣となるともともとの値段も安いことから買取を行っていないという店舗もあるほどです。
買取相場を知る
また、種類の他にもシミやシワ、虫食いや日焼け、カビの有無などの生地の状態によっても買取価格に違いが出るので、無料の査定を受けてみると自分が売りたい着物の相場を知ることができて役立ちます。

持ってる人が多い浴衣の買取相場

浴衣を古着屋で
着物の中でもリーズナブルな価格から手に入れることができ、着物初心者でも気軽に着ることができる浴衣は、持っている人も多い着物の種類の一つです。

着用するシーンとしては、お祭りや花火大会など夏のシーズンに限定をされてしまうこともあり、この時期にはいつも同じ浴衣を着ることになってしまいます。

どの写真を見ても同じ格好をしていることにもなるので、何枚か用意しておきたいという人も多く、一枚当たりの予算を抑えるためにも古着で購入したいという需要が高いことから、買取でも強化している店舗は多くあります。

しかし、そもそもの値段が安いことから買取を強化していると言ってもそれほどの高い買取額がつくとは限りません。

相場としては1000円ほどの価格にはなってしまいますが、シミがついていたり日焼けや擦れなどコンディションが悪ければ買取すらしてもらえないこともあります。

また、絞りなどの技術が入った高級な浴衣になれば、2000円ほどの高い価格で取引してもらえることもあります。

高価買取?作家物の着物

着物買取では、価値の高いものは高い査定額をつけてもらえる可能性も高くなり、とくに数が限られている作家物になると高価買取も期待ができます。

古い着物であっても、今人気がある作家の作品となれば高い査定額がつくことになりますが、もともとの値段が高かった作家物の着物であっても人気がないとなると需要も低いことから査定額も低くなってしまいがちです。

洋服の買取では、ブランドの人気で査定額が左右されるように、着物であっても流行や人気によって価格が左右されることになります。

また、人気の着物であっても状態が悪ければ査定額も下がってしまうことになります。

いい着物は、自分で着ないとなると管理がおろそかになってしまいがちですが、買取を利用することを考えて日の当たる場所での保管を避けてみたり、一年に一度は風通しの良い場所に干してカビを防ぐ、取れないようなシワがつかないように重ねたり小さくたたまずに保管するということも重要です。

風通し