着物買取での詐欺にあわないためには

着物買取での詐欺にあわないためには

着物を売るはずなのに貴金属?

貴金属
いらない着物の買取を利用しようと思っているのに、いらない貴金属はないかとスタッフに聞かれたという経験のある人もいるのではないでしょうか。

近年貴金属の価値が高まっており、着物よりも貴金属の買取を強化している店舗もあります。

本当は貴金属の買取をしたいのに着物買取でつるということは、信頼性にも欠けることになります。

売りたい貴金属があったとしても、後からのトラブルを避けるためにもこのような不審なスタッフとは取引しない方が安心です。

電話営業や飛び込み営業に注意

危険

いらない着物はありませんかと突然自宅に電話が来たり、自宅まで人が来るという飛び込み営業もよくあることです。

買取店に持って行かなくてもいらない着物をすぐに売ることができるとなると、便利さから飛びついてしまう人もいますが、そこには危険が潜んでいるということを認識しておかなければなりません。

自宅の電話番号や場所を知られているということは、居場所が分かっているので狙われてしまうことにもなってしまいます。

迷っているようなそぶりを見せてしまえば、何度もしつこく営業電話がかかってくるようにもなってしまったり、家にも何度も来られてしまえば困ってしまうことになります。

電話であればこちらから切ってしまえばいいのですが、自宅に来られるということは追い返せないこともあり、近所の人にも心配されることになります。

親しげにされて家の中まで入られてしまえば、それこそ危険な思いをする可能性もあります。

売りたい着物があるとしても、飛び込み営業は利用しないというのがベストな選択です。

店舗が実在する買取店

飛び込み営業では、店舗を構えていないという業者も多くあります。

しかし、電話番号が書かれた名刺をもらったので安心してしまう人もいるでしょう。

けれども、その電話番号に何度電話をかけてもつながらないこともあります。

また、その電話番号自体存在しなかったり、事務所の住所が書いてあったとしても架空であったりと、詐欺被害は大胆な方法で行ってくることもあります。

もしも飛び込み営業を利用するのであれば、その業者が信頼できるかどうかをしっかりと判断することから始める必要があります。

連絡先の名刺を持ってこないようであればすぐに断る必要があり、また電話番号だけ書かれている場合も断った方が無難です。

断る

また、万が一の場合を考えて後から交渉できるように、実在する店舗を持っている買取店を利用することは欠かせません。

自分が知っている店舗であることが重要であり、また店頭買取でも利用できるような長い取引ができるかどうかで判断してみるといいでしょう。

未分類カテゴリの最新記事