実際に体験した買取トラブルについて

実際に体験した買取トラブルについて

悪徳業者の特徴「抱き合わせ買取」

衣服の買い取りはいらなくなったものを換金できるというメリットが有ります。

しかしそんな便利な買い取りには思わぬ落とし穴が有るのです。
思わぬ罠
抱き合わせ買取という言葉を聞いたことが有るでしょうか?
これは本来の品を別の品とセットで買い取ることを指しますが近年次のようなトラブルが増えているのです。

買取査定を頼み家にくると品物に対して値段があまりつかない。

貴金属の買取もしていて、そっちなら値段がつけられるが何か貴金属はないかなどと他の品物の査定も要求してきます。

このような悪質な業者の特徴は知名度がなく、しつこく別の商品の買取査定を求めてくる、弱みにつけ込んでくるなどといったものが有り注意しなければなりません。

買取をキャンセルするとキャンセル料発生

もし買取の査定額が低かったり無理やり抱き合わせ買取された場合、買取を取り消したいと思うでしょう。

しかしここにも悪質業者の仕掛けた罠があるのです。

買取を取消すとキャンセル料が発生する場合があります。

これ自体は至って普通のことですが、悪質業者の買取に於いては理不尽なキャンセル料金を請求されることがあるのです。

実際似合った事例を例としてあげると、衣類の買取を依頼してあまりの査定額の低さに取り消ししたいと申し出た所、キャンセル料が査定額の数倍の金額請求されたという事例があります。

こうした理不尽なキャンセル料は消費生活センターに相談することで解決することが多いので泣き寝入りせずにきちんと相談することが重要になります。

消費生活センター
また消費者契約法に「契約の解除に伴い事業者に生じる平均的な損害の額を超える金額を徴収する内容のキャンセル料条項は、その超える部分について無効である。」との記述もあるため、警察などに相談するなども有効な手立てであるといえます。

「出張サービス受付中」この文言には注意!

最近では、時間のない人や買い取ってもらう品が多い人のために住居を訪問して買取を行う行為、いわゆる「出張買取サービス」が一般的になっています。

ここにも悪徳業者の罠はあるのです。

この問題は少し前には「押し買い」として社会問題になりました。

押し買いの実情は自宅を訪れた業者に、十分な説明もなく本来売る予定のなかった宝石、指輪、金貨等の貴金属を安値で買い取られるというものです。

つまりは抱き合わせ買取のようなものです。

昔は恐喝をして無理やり買取させるなどと言った事件も有りましたが近年はそのようなことはありません。

とはいえかなりしつこく、しかも強引に貴金属を見せてほしいと言われることもあるようです。

さらにここで見せたが最期低価格で買わせてくれることは目に見えています。

このような場合は毅然とした態度で断ることが大切です。

また怪しいと少しでも感じた場合は、身分の提示と共に「行商従事者証」の提示を求めてください。

身分証提示

未分類カテゴリの最新記事